ねむいつらいかえりたい

サブカルおばさんがいろいろがんばるはなし

奨学金返済するために生きてる

今年に入って毎月10万円繰り上げ返済することを目標にがんばってたんだけど、ちょっとがんばりすぎたため、7月27日引き落とし分で全額返済できそう。

現状:元金435万→2013年10月から毎月約2万返済→2016年約150万繰り上げ返済→2017年6月現在で約180万繰り上げ返済→残り約約60万。
はいわたしすごい。まさか4年間で完済できるとおもってなかった。

正直、手をつけないようにしてた貯金を切り詰めてまでそんなに頑張って早く返済しなくていいのではと思いつつ、目に見えて借金の額が減っていくことが楽しすぎてついついやっちまった。貯金が増えるのとはまた違った楽しみがある。そして返しきったら返しきったで生きがいを失って死にそう。

 

奨学金というワードがネット上で話題になる度に、「月2万円も返済できないとかww借りるほうがバカwwwむしろ踏み倒せwww」だのいうクソコメントを見て、そのたびにじわじわと怒りを覚えた。怒りと反抗心だけでここまでやってきた。たかが2万されど2万。奨学金を借りて心の底から良かったとは思わない。別に次の世代のために返すわけじゃない。私は私のために、借金をかかえているというプレッシャーから早く逃れたいがために返すんや。

とにかくボーナス支給日まで、ツイッターでわざわざ「奨学金」ってワードで検索して怒りと焦りを盛り上げて、次の返済可能日にはスパっと返したい。返還完了通知とかいう全く無味感想なハガキをわざわざSNSにうpしてめっちゃイイネをされたい。ざまあみろと言いたい。JASSOに?世間に?大学に?親に?いや、無知なまま借りることに易々と同意した過去の自分にだ。