ねむいつらいかえりたい

20代も末だけどいろいろがんばるはなし

お別れの歌

また更新の日付があいてしまった。気負わず日記めもくらいの感じで近況を書いていこう。いろいろあるけれど、私は暴走気味に元気です。

 

奨学金完済した

7月ボーナスでもって元金430万円、利息込で約450万円全額返済した。ちなみにJASSO的にはこれは返済ではなく返還という。20代のうちに返せればいいくらいの気持ちだったけど半年で達成できるとは思わなかった。しかしここまで来るのに貯金をかなり切り崩しているので、まだ今年は大きな買い物はせずに年金追納を目標に貯めていこう…。返還完了証と機関保証金の返還通知は1カ月経ってもまだ来ていない。これこそザ役所仕事。それが来たらまた奨学金の記事をかこうっと。完済を急ぎすぎた感あるけど、これを人に話すとみんな褒めてくれるからとてもうれしい。借りたものを返すのは当たり前と人はいうけど、当たり前を実行するのはほんとうに難しい。

 

・かれぴっぴと別れた

3年以上付き合った人と完全に別れた。これはきっと完全に、completelyという単語に値する。理由は根も葉もないけど、複数あるけど、おそらく将来を繋げなかったことが根本的にあると思う。でも今思い返しても私が悪かったところは何一つ思い出せない。私はやるだけやった。もうそう思うこと自体がだめだったんだな~。アラサーコミュ障腐れババアはこれからどうしたらいいのか。ひたすら一人身の友達を婚活ブースに誘いまくってるけど勢いとノリだけでまだ一歩も動けてません。いいんだ、このまま一生実家でママと暮らすんだ…。

 

・携帯をMVNOにした

auからUQモバイルにした。携帯にお金をかけたくないということが変えた理由だったのに、自分のなかの見栄を満足させるために9万円のシムフリーiphoneを半年ローンで買ったという…。3GB制限を心配してたけど、そもそも外で動画もゲームもやらない自分は、節約モードにしてれば1カ月で1GBも使わずここまできてる。といった矢先、これまで機種が古すぎてできなかった、というかやらないようにしてたスマホゲーにドハマリして通勤中にプレイできないことをストレスフルに感じてる。ちなみに前項のショックからかアイナナとA3!で画面上のメンズたちに心とお金を動かしてます。もう未来がない。

 

・仕事がうまくいかない

気づいてしまったんだけど、私は会社で上司に評価されるタイプの人間ではないんだろう。職場で、対外的な調整と上への説明はめちゃくちゃ上手いけど、同僚への細かい調整やとても小さい作業は全く気にも留めない人がいる。でも、その地味な作業をしないと結局グループとして私が困るから全部引き受けても、上から評価されるのは私じゃなくその人なんだ。結局目立つ人の評価が上がるような社風になっている。働き改革を叫ぶ最近の他の会社もおそらく似たようなことになってると思う。でも私はそれが正しいとは思えない。丁寧で正確で人に優しいことを無視してまで評価を得るべきなんだろうか。上司の気にも留まらないけどやらないと他の人が困ることをちまちまやってることは間違いなんだろうか。そもそも、そういうちまちましたことが働き改革のなかでは悪とされるんだろうか。と思ったときに、わたしは「あ、もう社会で評価される側の人間じゃないんだな。永遠に負け犬か〜」と思ってしまった。そしてモチベーションがじわじわ摩耗している。私は間違ってる?間違ってたらやめるまで。